一粒社ヴォーリズ建築事務所

W.M.VORIES & CO., ARCHITECTS ICHIRYUSHA

たてもの紹介 − 建築作品【ヴォーリズ建築探訪】

建築作品 > ヴォーリズ建築探訪 > ピアソン記念館

※ 小さい画像にマウスを乗せると大きい画像が入れ替わります

イメージ:ピアソン記念館
サムネイル
サムネイル
サムネイル
サムネイル

ピアソン記念館

所在地

北海道北見市

構造規模

木造2階建て

延床面積

180.1m2

竣工年

1914年

ヴォーリズ合名会社時代の設計によるスイスの山小屋を思わせる住宅。
アメリカ人、ピアソン宣教師夫妻が伝道活動の拠点とするため、北海道は北見の高台に建てられた。
二人は家のまわりを囲む三本の柏の木にちなんでこの高台を「Three Oaks(みかしわの森)」と呼び、今もその一本が寄り添うように立っている。
ピアソン氏夫妻の資料館として、二人が愛用した机やアンティークのシンガーミシン、1878年メイソン・アンド・ハムリン社製のオルガンなど、多くの貴重な調度品も見ることも出来る。
現在は北見市の指定を受け、NPO法人ピアソン会が管理運営を行っている。

ピアソン宣教師と、坂本龍馬の甥にあたる坂本直寛が率いた開拓移民団「北光社」との関係や、ピアソン邸保存の功労者であり、高浜虚子の門下生であった唐笠何蝶の存在など、興味をひかれる歴史的エピソードにあふれた場所である。
北見はまた、ヴォーリズの近江兄弟社における主力商品であったメンソレータムの原料である薄荷(ハッカ)の一大生産地であり、昭和初期には全世界の70%を生産していた。

北見市有形文化財・北海道遺産

開館 午前9:30 - 午後4:30 見学無料
休館 月・国民の祝日の翌日(月金土が祝日の場合は当日翌日とも営業)
   12月30日 - 1月6日
JR北見駅から徒歩15分
0157-31-1215
http://www.npo-pierson.org/

▲ このページのトップへ

Copyright © 2005 - 2015 株式会社一粒社ヴォーリズ建築事務所 All rights reserved.